すしトーーク!ロゴ

アルバイト/パート

大阪府 枚方茄子作店 松永さん

65歳/勤続24年

勤続年数最長

2019-7-8

スシローで働く理由

大阪府のスシロー枚方茄子作店には、全国で働くスタッフさんの中で最も勤続年数の長いスタッフさんがいます。
勤務を重ねることなんと24年!65歳になった今も週に6日間、元気にキッチンに立っています。
主に担当しているポジションは仕込み、包装、電話で、受話器から聞こえるお客様の声ですぐに常連さんだとわかるとか。
金曜日が唯一の休みで、娘と一緒に買い物に行くのが楽しみ。
スシローで働く前は、カレー屋さんやヤクルトの配達など色々な仕事を経験されてきたようですが、ここまで長く続けてこられたのはスシローだけのようです。

それは、スシローが好きだから。

 

入社したきっかけ

「家から近くて、たまたま募集していたから、友人と一緒に応募したんです。」
と軽い気持ちで応募したとのことでしたが、「面接結果の連絡を待ちきれずに店舗へ電話して合否を教えてもらったの(笑)」と責任感たっぷり。
入社した当初は「作業にも慣れず手も遅かったし、仕込みも苦手で不安でいっぱいだった」というが、
今では新人さんへ「慣れれば誰でもできるようになるから、心配なんてしなくていいよ」と声をかけているという。

 

仕込みで大切にしていることは

「とにかくきれいに。レシピやグラム数を守りつつ、きれいな仕込みをすることで、同じネタでもおいしさに差が出るんです!」とのこと。
さらに、「スピードは勝手についてくるものです。早く作業することだけをやるのであれば、誰にでもできます。お客様からお金をいただくからには、きれいであることが大切だと思います」と、さすがの回答。

 

仕事をしていて最も嬉しい瞬間は

「やっぱりお客様がおいしいと言ってくれたとき」ということで、職場以外にも友人やご近所さんから「スシローっておいしいよね!」と言ってもらえるといつも嬉しい気持ちになるんだとか。
これこそ松永さんが仕事を続けるモチベーションの源になっているようです。


でも最近悩みをお持ちのようで、「お持ち帰りの仕上げを担当する中で、トッピングをきれいに盛り付けるなどの細かな作業が上手にできなくなってきてしまって・・・まわりのスタッフもフォローしてくれるので大丈夫ですけど。頑張ります(笑)」と、まわりのスタッフさんにも助けられながら悩みなんて何のその!


 

2月にあった2連休の過ごし方

「職場のみんなでご飯を食べに行った時間がとても楽しくて、貴重な時間を過ごすことができました。
これまでも何度も食事に行ったりしてきたが、みんなの休みが合わなかったりして全員がそろうことも難しいので、この休日に、みんなで過ごした時間はスシロー人生でも一番だったかも知れないぐらい楽しい時間でした。会社には感謝しています」

 

長く続けてこられた理由

これまでの24年間で1度だけ病気で1週間休んだことがあるだけで、ずっとスシローを支え続けてくれています。

「最初は不慣れで不安だったが、今ではこの仕事が自分には向いているのかなと思えるようになったこともひとつの理由なのかな。」

娘さんもスシローで働いていて18年目に入りました。親子でスシローを支えてくれています。

 

松永さんにとってスシローとは?

「働かせていただいてとても感謝している場所。本当にありがたいところです」と24年働いた今も感謝の言葉を忘れない松永さんは素敵なスシロー人でした。
これからも体に気を付けてスシロー人生を楽しんでくださいね。

 
TOPに戻る