すしトーーク!ロゴ

アルバイト/パート

三重県 津白塚店 木村さん

勤続5年

画家になる夢

2019-8-1

スシローでアルバイトを始めたきっかけ

高校3年生からスシローでアルバイトを始めた木村さん。
きっかけは、「友達がスシローで働いていたので、友達がいる方が働きやすいかなと思い応募しました(笑)」と、とても分かりやすいシンプルな理由を笑顔で話してくれました。


高校ではデザイン科を選択し、絵を描くことを中心に授業を受けていて、1週間のうち半分ぐらいは絵を描くような高校生活を送っていたようです。そこからスシローで仕事をしながら画家を目指す人生が始まります。

 

心がけていること

5年が経過した今、スシローでは業務移管※ のポジションで活躍しています。(※時間帯責任者)

「同年代のスタッフも多い中で、スタッフとの信頼関係を築いていくことに日々奮闘しています。偉い人になるのではなく、一緒に働く仲間から信頼してもらえる良き先輩を目指しています。同じアルバイトという立場にありながらも、スタッフが協力的に動いてくれた時はとてもうれしい。」と業務移管としての心掛けや、やりがいを話してくれました。

ホールでポジションに入ることも多く、お客様から「久しぶりだね」「ありがとう」など、
直接顔を見て接客できることが「この仕事をしていて一番うれしい瞬間です」と接客の楽しさを話してくれました。

 

将来の夢

※ 写真は木村さんより提供いただきました。

小さいころから、漫画を真似るなどして絵を描いていたが、中学生のとき「美術部」に入部して本格的に美術を学ぶようになっていったという木村さん。

色々な美術を学び経験していく中で、”自由な表現ができる油絵”の魅力にひかれ、油絵を通じて自分を表現していく道を選んだという。

将来の夢を聞くと、「高校生のころから、将来の夢は絵を描く人になりたいと考えるようになって、第一目標に、自分の描いた絵で先生に恩返しがしたいと考えていました。」とのこと。

 

夢への大きな一歩を踏み出した瞬間

※ 写真は木村さんより提供いただきました。

2018年11月、自身単独としては初となる「 木村寿美玲 個展 」を三重県津市で開くことができ、親しい友人や美術関連の方、先生など多くの方にご来場いただくことができました。

「今までの自分の人生の中で一番しあわせな日だった」といい、開場前は「一枚も売れないだろう」と思っていたが、終わってみれば展示した16作品のうち13作品をお買い上げいただくことができたという。「会場の準備から運営面などスシローの仲間がたくさん手伝ってくれたことにはとても感謝しています。」とスシロー仲間への感謝で締めくくってくれました。

「高校生の時に立てた目標を実現することができて、うれしい。」と締めくくり、夢である「画家」を目指して大きな一歩を踏み出した瞬間でした。
スシローはこれからも木村さんが更なる夢を実現する日まで応援していきます。

 
TOPに戻る